MENU

美白サプリは本当に効果があるの?

美白サプリとは、身体の内側からシミやくすみの原因にアプローチするタイプのサプリメントです。当サイトでは、今口コミで人気のある美白サプリを中心に、おすすめできる美白サプリをランキングにしてみました。
美白サプリの紹介の前に、どんな成分が美白サプリに使われているかを解説します。

プラセンタ・・・美白サプリ成分の王様。厚生労働省が認める美白有効成分の一つでもあります
L-システイン・・・ビタミンCとともに、メラニンの発生を抑える働きをします。ハイチオールにも配合されていますね。
ビタミンC・・・L-システインと働き、黒色メラニンを無色化します。
ヒドロキシチロソール・・・肌色メラニンの生成を活発化し、シミを薄くします。
アスコルビン酸・・・ビタミンCの別名称。水溶性のビタミンで、美白サプリの成分名称として記載されています。

厚生労働省が認める美白有効成分とは、「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐもの」と定めるものです。
ですので、美白サプリとしてプラセンタなどを飲まれる方は、紫外線の影響や日焼けを防ぐというよりも、シミやそばかすを抑えたいという方におすすめです。

今口コミで人気の美白サプリをランキングにしました

/ホワイタス

初回980円(クレカ決済時)
2回目以降4,980円
※定期の場合は3か月の継続が必要

読モ・芸能人も愛用している今口コミで人気の美白サプリ

顧客満足度97.3%。口コミ数も急増中。

メラニン生成を抑える力のあるリコピンをたっぷり配合

リコピンにはコラーゲン減少を抑制する働きがあることもわかっています。

紫外線対策に欠かせないビタミンは11種配合

シミやそばかすの原因となるメラニン色素生成をしっかり抑制。通常の紫外線対策クリームではカバーできないビタミンDも配合。

ホワイタスは、飲む日焼け止めと言っても良い程身体の内側から紫外線対策をする為の成分が全部入り。メラニン生成を抑える力をサポートすることに着目し、紫外線対策としてシトラスエキス末・ローズマリーエキス末・ブライトニングパイン・ニュートロックスサンを配合。またホワイタスは、人にとって最大面積の臓器とも言える皮膚のコンディションとは切っても切れない関係を担う肝臓の機能をサポートすることにも着目。ハイチオンエキスを配合することにより肝機能に対してもアプローチします。

/

/ロスミンローヤル

初回1,900円(税抜)
2回目以降5,800円(税抜)
第三類医薬品

国内唯一!シミに効く医薬品。
生薬成分を含む22種類の美白成分を配合
小じわや肌荒れの悩みもOK

ロスミンローヤルは、アインファーマシーズが販売する第三類医薬品として認められた美白サプリです。配合されている生薬が肌のターンオーバーを促し、シミ・くすみにアプローチします。

/

/キミエホワイトプラス

初回1,900円(税抜)
送料700円
2回目以降4,200円(税抜)
第三類医薬品

シミ・そばかすに効く第三類医薬品
黒色メラニンの生成を防ぐL-システインを240mg配合
肌の生まれ変わりをサポートするパントテン酸カルシウムを配合

富山常備薬グループのキミエホワイトプラスも第三類医薬品です。シミやそばかすを緩和するのではなく「治す」と謳えるのは医薬品ならでは。第三類医薬品は副作用のリスクは低いもののあくまで医薬品である為、用法容量はきちんと守って服用する必要があります。キミエホワイトプラスは、一日分3錠を3回に分けて服用する必要があります。また、色素沈着やにきび、湿疹、じんましんに対しても効果効能が認められています。

/

/マスターホワイト

初回6,480円
通常価格10,800円

プロテオグリカン・アスタキサンチンを配合した高級美白サプリ
美白だけでなく、保湿・ハリ・肌のキメ強化にも着目して開発
美容成分をトータルで摂れる美容サプリ

マスターホワイトは他の美白サプリに比べて少々価格が高め。通常購入の場合は10,800円とかなりの高級サプリ。プロテオグリカン・アスタキサンチン・セラミドをはじめ16種の美容成分で構成された美白サプリです。

/

その他の美白サプリ一覧

 

 

ホワイテックス
プラセンタエキスを中心とした18種類の美容成分1500mgを配合
掲載女性誌多数。美容サプリの定番
粉末・粒タイプを選べるのが嬉しい

ホワイテックスは、プエラリアサプリでも有名なメーカーの美容サプリです。中心成分はプラセンタ、ヒアルロン酸、卵殻膜。
豊富なビタミンが配合されているのも、美白に嬉しいサプリです。

美白サプリ定番ランキング【2017版】口コミで人気の美白サプリのおすすめは?
ホワイトショット インナーロック IX
POLAの美白サプリ「食べるホワイトショット」
独自開発の美白成分「ブランノール」配合
突き抜ける透明感を身体の内側からサポート

ポーラのホワイトショットといえば、美白コスメとしてとても有名ですよね。インナーロックはまさに食べるホワイトショット。有名なブランドなだけあって商品単価は少々高め。

 

今人気の美白サプリをランキングにしてみました。美白サプリは国内ではまだまだ新しいジャンルのサプリメントですので、
ランキングに出来るほど商品数がないのが実情です。美白サプリとしてプラセンタも人気が高いですが、今後は飲む日焼け止めとして多くの美白サプリが販売されるでしょう。来年の夏には飲む日焼け止めのサプリが人気を博しランキングにたくさん並ぶでしょう。
既に海外では飲む日焼け止めが美白サプリとして人気で、最近では日本でも日焼け自体を抑えるサプリとして、日焼けを抑える効果をもったサプリが登場しています。これらは、シミやくすみを取るサプリと言うよりは、日焼けやシミの原因となるメラニン生成自体を抑えるサプリですので、現状市販されている市販サプリとは少し違う効果を持ったサプリと言えます。

美白サプリに副作用はないの?

美白サプリの代表的なものと言えば、プラセンタ、L-システイン、ビタミンCですが、これらはサプリである以上医薬品ではありません。過剰な副作用が生じるものは全て医薬品として厳格に管理されている為、美白サプリで過剰な副作用があるというのはまず考えられません。また、美白サプリの主な働きは、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制するものであり、肌自体を漂白するような働きはありませんので、白斑等のような甚大な副作用を肌に与えることはありません。ただし、美白サプリは食品になりますから、アレルギーに関しては注意が必要です。どのような食品にもアレルギーはありますから、湿疹やかゆみ、じんましんと言ったアレルギー反応が生じる可能性はあります。このような副作用が生じた場合は、美白サプリの使用を中止し、医師の診察を受けることをおすすめします。

美白サプリとプラセンタを比較すると何が違うの?

ここでいう美白サプリとは、シミやくすみに対してのみ効果を発揮するが、目元の小じわ、ほうれい線、たるみなどには効果を発揮しないサプリのことです。

 

多くの美白サプリはシミやくすみへの効果はあっても、老け顔最大の原因となるしわやたるみには効果を発揮しないからです。例えば、コラーゲンのサプリメント。コラーゲンのサプリメントは、シワやたるみ対策には人気ですが、シミ、くすみ対策にはなりません。すっぽんのサプリもコラーゲンやアミノ酸が豊富ですが、やはりダイエット目的や老け顔対策のみです。

 

ヒアルロン酸が配合されたサプリメントも保湿やたるみには有効ですが、美白効果はありません。厳密に言えば、肌の保湿はシミやくすみ対策にもなるので全く効果がないとは言えませんが。

 

一方の美白サプリは、メラニンの生成を抑えるリコピンやアスタキサンチンを中心にビタミンを配合したものが多いのが現状。肌の美容をトータルで考えた時に、美白だけでなくお肌のハリや潤いを保ちたいというのが女性の本音ですよね。

 

プラセンタは、美白有効成分でもありながら、肌のたるみやしわもカバーできてしまう成分です。プラセンタに含まれるグロースファクターという成分は、肌のターンオーバーを促進する働きがありますので、シミやくすみを抑えるだけでなく、肌自体を新しく生まれ変わらせることが出来るという作用も持っています。

なぜプラセンタに美容効果が期待できるかというと、「グロースファクター」と呼ばれる成分を豊富に含んでいるからです。グロースファクターは細胞分裂や血行を促進する効果があります。つまり、お肌のターンオーバーを促す効果があるということです。http://www.boys-chiba.jp/より引用

馬プラセンタについて解説しているこちらのサイトでも言及されていますが、プラセンタには肌のターンオーバーを促進する成分が含まれている為、これはつまりシミやそばかすなど色素が沈着した古い皮膚や角質の排出を促すことに繋がるのでは?と考えています。こういった点からもプラセンタは美白有効成分として人気が高いのではないでしょうか?