MENU

美白サプリは本当に効果があるの?

美白サプリとは、身体の内側からシミやくすみの原因にアプローチするタイプのサプリメントです。当サイトでは、今口コミで人気のある美白サプリを中心に、おすすめできる美白サプリをランキングにしてみました。
美白サプリの紹介の前に、どんな成分が美白サプリに使われているかを解説します。

プラセンタ・・・美白サプリ成分の王様。厚生労働省が認める美白有効成分の一つでもあります
L-システイン・・・ビタミンCとともに、メラニンの発生を抑える働きをします。ハイチオールにも配合されていますね。
ビタミンC・・・L-システインと働き、黒色メラニンを無色化します。
ヒドロキシチロソール・・・肌色メラニンの生成を活発化し、シミを薄くします。
アスコルビン酸・・・ビタミンCの別名称。水溶性のビタミンで、美白サプリの成分名称として記載されています。

厚生労働省が認める美白有効成分とは、「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐもの」と定めるものです。
ですので、美白サプリとしてプラセンタなどを飲まれる方は、紫外線の影響や日焼けを防ぐというよりも、シミやそばかすを抑えたいという方におすすめです。

 

美白サプリといっても、多くの商品の成分はただのビタミン錠剤というのが実は多いのです。だったら普通のビタミン剤を飲むのと変わらないですよね^^;
おすすめはプラセンタや漢方などの生薬が配合されているサプリ特にプラセンタは、今最も注目されている美白成分です。プラセンタは肌のターンオーバーを促し、肌の生まれ変わりをサポートする作用がある為、プラセンタ単体で摂取するよりも、他の美容成分と一緒に服用する方が、美白に効果的です。

今人気の美白サプリをランキング!

/エイジングリペア

エイジングリペア

美白サプリ定番ランキング【2016版】口コミで人気の美白サプリのおすすめは?

アットコスメNO1のプラセンタサプリ。キルギス産馬プラセンタ使用
肌のシミ・黄ぐすみに!20種類の美容成分配合でシワ・たるみケアにも◎
初回限定半額キャンペーン中。4400円は美白サプリ最安価格帯で損しない!

今最も注目の美白成分プラセンタ。肌のターンオーバーを促しシミやくすみを自然な透明肌に導いてくれるのが一番の特徴です。美白対策で病院のプラセンタ注射が流行っていますが、保険がきかないので正直高い!!そんな方におすすめなのがエイジングリペア。プラセンタの中でも最高級のキルギス産馬プラセンタを使用。プラセンタ注射をしている人も更なる効果を期待して飲んでいる方がいるほどなのでおすすめです。特に肌全体のくすみを取り、自然な美白肌にしたい方に人気です。

 

/

/ロスミンローヤル

美白サプリ定番ランキング【2016版】口コミで人気の美白サプリのおすすめは?

国内唯一!シミに効く医薬品。
生薬成分を含む22種類の美白成分を配合
小じわや肌荒れの悩みもOK

ロスミンローヤルは、国内で唯一医薬品として認められた美白サプリです。配合されている生薬が肌のターンオーバーを促し、シミ・くすみにアプローチします。

/

/ポーラ ホワイトショットインナーロック

美白サプリ定番ランキング【2016版】口コミで人気の美白サプリのおすすめは?

POLAの美白サプリ「食べるホワイトショット」
独自開発の美白成分「ブランノール」配合
突き抜ける透明感を身体の内側からサポート

ポーラのホワイトショットといえば、美白コスメとしてとても有名ですよね。インナーロックはまさに食べるホワイトショット。有名なブランドなだけあって商品単価は少々高め。

/

/ホワイテックス

美白サプリ定番ランキング【2016版】口コミで人気の美白サプリのおすすめは?

プラセンタエキスを中心とした18種類の美容成分1500mgを配合
掲載女性誌多数。美容サプリの定番
粉末・粒タイプを選べるのが嬉しい

ホワイテックスは、プエラリアサプリでも有名なメーカーの美容サプリです。中心成分はプラセンタ、ヒアルロン酸、卵殻膜。
豊富なビタミンが配合されているのも、美白に嬉しいサプリです。

/

今人気の美白サプリをランキングにしてみました。美白サプリは国内ではまだまだ新しいジャンルのサプリメントですので、
ランキングに出来るほど商品数がないのが実情です。美白サプリとしてプラセンタも人気が高いですが、今後は飲む日焼け止めとして多くの美白サプリが販売されるでしょう。来年の夏には飲む日焼け止めのサプリが人気を博しランキングにたくさん並ぶでしょう。
既に海外では飲む日焼け止めが美白サプリとして人気で、最近では日本でも日焼け自体を抑えるサプリとして、日焼けを抑える効果をもったサプリが登場しています。これらは、シミやくすみを取るサプリと言うよりは、日焼けやシミの原因となるメラニン生成自体を抑えるサプリですので、現状市販されている市販サプリとは少し違う効果を持ったサプリと言えます。

美白サプリに副作用はないの?

美白サプリの代表的なものと言えば、プラセンタ、L-システイン、ビタミンCですが、これらはサプリである以上医薬品ではありません。過剰な副作用が生じるものは全て医薬品として厳格に管理されている為、美白サプリで過剰な副作用があるというのはまず考えられません。また、美白サプリの主な働きは、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制するものであり、肌自体を漂白するような働きはありませんので、白斑等のような甚大な副作用を肌に与えることはありません。ただし、美白サプリは食品になりますから、アレルギーに関しては注意が必要です。どのような食品にもアレルギーはありますから、湿疹やかゆみ、じんましんと言ったアレルギー反応が生じる可能性はあります。このような副作用が生じた場合は、美白サプリの使用を中止し、医師の診察を受けることをおすすめします。

厚生労働省認可の効果的な美白成分

厚生労働省により効果効能が認められている美白成分は11種類。
4-メトキシサリチル酸カリウム塩 ティーアムチャ アルブチン エラグ酸 カモミラET コウジ酸 トラネキサム酸 ビタミンC プラセンタエキス マグノリグナン リノール酸 ルシノール
これらは化粧品に使用される成分で、美白サプリに使用されているものは少ないのが現状
しかし厚労省認可成分のうち、唯一プラセンタは美白効果が期待でき、サプリとして摂取できる成分です。

美白専用サプリにはデメリットがある?美白サプリにプラセンタがおすすめの理由

ここでいう美白専用サプリとは、シミやくすみに対してのみ効果を発揮するが、目元の小じわ、ほうれい線、たるみなどには効果を発揮しないサプリのことです。
多くの美白専用サプリはシミやくすみへの効果はあっても、老け顔最大の原因となるしわやたるみには効果を発揮しないからです。例えば、コラーゲンのサプリメント。
コラーゲンのサプリメントは、シワやたるみ対策には人気ですが、シミ、くすみ対策にはなりません。すっぽんのサプリもコラーゲンやアミノ酸が豊富ですが、やはりダイエット目的や老け顔対策のみです。
ヒアルロン酸が配合されたサプリメントも保湿やたるみには有効ですが、美白効果はありません。厳密に言えば、肌の保湿はシミやくすみ対策にもなるので全く効果がないとは言えませんが。
しかしプラセンタは、美白有効成分でもありながら、肌のたるみやしわもカバーできてしまう成分です。プラセンタに含まれるグロースファクターという成分は、肌のターンオーバーを促進する働きがありますので、シミやくすみを抑えるだけでなく、肌自体を新しく生まれ変わらせることが出来るという作用も持っています。美白サプリも飲んで、美肌サプリも飲んで、、、とどんどん飲むサプリが増えていったら財布が持ちません・・・。
ですから、私は美白対策もシワ・たるみ対策も両方できるプラセンタを愛用しています。特に、プラセンタの中でも馬プラセンタが一番おすすめです。若干価格は上がりますが、飲んでも意味のない安いブタプラセンタを飲むよりも、成分が豊富な信頼できる馬プラセンタを飲むことをおすすめします。